嫁の浮気へ制裁する方法

嫁の浮気を徹底的に調査して制裁を下す方法や体験談と注意点。嫁の浮気へ制裁する方法。

よしんば嫁さんが姦淫をしていったとしても、なんとか嫁と夫婦の仲を修復したいと決意する方は多いと思います。

生きる限り、この女を幸せにすると覚悟を決めて成婚した女ですから、今回は許して、夫婦関係を回復したいと期待する旦那さんは多いと存じます。

とはいえ、絶対に注意しなければならないのは、女心を分かってあげることです。

嫁さんの不倫相手へ懲らしめとして割高な慰謝料請求をして報復を行う戦略。

嫁の浮気相手に慰謝料請求して公的制裁

慰謝料の平均的なプライスである2,000,000円前後よりもたくさんの価格を催促してやる正当な手立てを紹介。

嫁はんの不倫が露呈したときは、猛然たる憤りの感情と裏切られた感がおさまりませんよね。

上さんが使用している電話に、姦夫と抱き合っている写メや、自分で撮影したヌード写真が格納されているのが分かってしまったとき。

仕事の出張 として遠方に泊っているということなのに、寝部屋に溜めていた経口避妊薬のの量が少なくなっていた時。

妻が間男と行為に及んでいる様態を思い浮かべてしまうと、どうしても脳裏から無くならなくて腹立たしさがおさまらなくなってしまう。

上さんのスタンスが表立って冷酷になってきて、夫婦の関連が変質してきたと嗅ぎ取り始めていたら、つねにスマホを操作するようになってしまって、部屋の片づけや食事作りをあらかたしなくなってしまって、夜遅くまで飲み会をすることが多くなった際。

嫁の浮気の兆候と失敗話

結婚の行為が拒絶されるようになり、言葉を交わすことができなくなってしまった。

自分とのベッドの関係は完全にすることが無くなったのに、官能的なブラジャーがいっぱいになってきて、官能的な匂いを付けて色っぽいドレスで、真夜中まで知友と外出することが多数になってきたとき。

男性としては、明白に浮気をしているとしか見えないのだけれど、裏付けが無いのに審問しても誤魔化されてしまう。

だからと言っても、今の状態でほっかぶりしていると自分自身が発狂してしまいそうだ。

しかも、息子や娘にもよろしくない影響。

証左が不完全な状況で、嫁さんの不倫を責めて間違った実例伝達。

ボイスレコーダーへ記録した浮気相手と奥さんの淫乱な会話。

嫁のスケジュールが前と違ってきて、ボイスレコーダーをかばんに隠し入れたりしておきました。

後日確認してみると、男とセックスしているようね喘ぎ声が聴こえてきました。

こういったことは明白な確たる証拠だと見なしてワイフをしているのかもしれない審問したら、不貞を打ち明けました。

しかしながら、いざ男に慰謝料の要求をしようとすると、突として意見を変えてきたので。

泊る施設へは自分だけで休憩しに行き、密夫と一緒ではないと。

そのような言い訳はまかり通るはずがないと受け止めましたが、弁護士事務所に伺ってみても、何てたって不倫の現場をカメラで撮影するなど記録に残しておかないと、賠償面で明白な情事のエビデンスと決めつけられないとの返答。

嫁の浮気への制裁の失敗事例

嫁はんが車の後部座席で間男と口づけしていたにも関わらず・・・。

ママの帰宅時間が過度に遅いので、働いている場所に赴いてみたところ、当然のごとく電気が消えていました。

車を置く場所に嫁のポルシェがあり、よりによって奸夫とチューをしているではありませんか。

それを見て意識が喪失しそうになってしまいました。

義憤のあまり、サイドドアをオープンして叫んで叱りつけて、密夫のIDを取り上げ、慰謝料催促をしました。

けれど、後日相手のロイヤーから書類が寄こされ、あなたがした行為は脅迫罪に該当するから、警察当局に被害届を申し立てると言われてしまいました。

さらに、車のシートの上でキッスしていた行為だけだと不貞行為に当てはまらないので、姦通の慰謝料を支払う義務は無いというのです。

こちらとしては尋常ではなく混迷しました。

ママが奸夫と接吻している現場を見たにもかかわらず、不倫にならないとはふざけるなと思いました。

結末としては、示談となりましたが、私としては屈辱的な心情です。

もしも嫁はんの不倫が露呈しても、自分自身で復讐は避けた方がいいです。

なぜかというと、自分自身で懲らしめを課そうとすると、自分の立場が悪くなってしまうためです。

相手が間違っているからといって、ワイフに慟哭して怒鳴り散らしてしまうと、DV(ドメスティックバイオレンス)と判断されて離婚裁判に訴えられたときにとても立場が弱くなります。

強烈な調子で非難されたのでうつ病になったと診断書を書かれて、ワイフが法廷に手渡してしまう場合もあります。

ないしは、奸夫を痛い目に遭わせたいと激怒する男性もおられるのは自然な感情ですが、密夫に危害を与えると自分自身が捕らわれ者になってしまいます。

もしも暴挙を働かなかったとしても、絶叫して叱責してしまうと脅迫罪で逮捕されるケースも多くあります。

自分で制裁を加えようとすると、まことに気の毒な結果になってしまう人が大部分である。

嫁さんとの結婚生活を修復する方法とは?。

よしんば嫁はんが不義をしている証拠をつかんでも、なんとか妻との夫婦生活を再構築したいと思う夫は多いと思います。

一生涯、このウーマンを幸せにすると誓いを交わして婚姻した相手ですから、ゆるしてあげて、夫婦愛を取り戻して修復したいと考える方はおられると存じます。

さりとて、絶対に注意しなければならないのは、女心を思いやってあげることです。

嫁の浮気相手に高額な慰謝料要求で合法的に制裁

嫁はんの姦通相手に対して制裁として割高な慰謝料チャージ をして報復するやり方。

慰謝料の平均的なプライスの二百万円より多い補償金を徴発 する法律的な手立てを説明。

奥さんの密会が露顕してしまったときは、荒々しい憎しみの心情と空虚感がなかなか消えないですよね。

嫁はんが持っているLINEに、姦夫と恋人同士のようにしている写真や、自分で撮ったヌード写メなどがセーブされているのに気付いてしまったとき。

職務としての出張 として外で泊まっているということなのに、私たちの部屋に買い置きしていた避妊ピルのの数量が少なくなっていた時。

家内が間男と性行為をしている事態を想ってしまうと、もはや頭から取り除くことができなくなって報復したい気持ちが収まらなくなる。

配偶者が不貞行為をしたとき、密夫に対して徴用可能な補償金の平均価格は二百万円ですが、弁護人が出ると5,000,000円から1千万円の慰謝料を勝ち取ることも有り得ます。

浮気相手の貯蓄状態や、ロイヤーの先生の対話力によって賠償金に相違はありますが、上さんと情事をされたのにもかかわらず二百万円では足りないと思ってしまう方は多いはずです。

姦通の賠償金督責 では、信頼できる裏付けが欠かせないので、弁護人自身が探偵業者を運営しているところもあり、そこは高い慰謝料督責 を行った事績がたくさんあります。

合法な方法にて高い金額の慰謝料要償 をして、情事相手に制裁したい方はこちらへ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ