嫁の不倫相手に相場より高い金額の慰謝料請求して制裁を下すノウハウ

嫁の不倫相手に相場より高い金額の慰謝料請求して制裁を下すノウハウ。

奥さんの密通が疑わしいときには、法的に有効な確たる証拠持つ。

明白な証左獲得することができるまでは、浮気を察しているということを口外しない方が賢明だ。

上さんが不貞をしているのかもと疑わしげに思ったとき、総じて嫁が所有しているスマホを検見して、奸夫と不審なメールをやっていないかどうか、泊る予定が記されていないかどうか調査しますよね。

または、ワイフが使っているバックにGPSを密かに入れたりして、行動を観察することもされるでしょう。

しかしながら、それでは裁判で明確な証拠情事のプルーフと見なされないことを既知でしょうか?。

こちらにとっては、ワイフが間男と怪しいメールをしていて、一緒に寝たいとか言い合っていたら、そういったタイプの事は密会と見なしたくなりますよね?。

ましてや、ママの密会が気になるということでGPSで行く先を追尾しているただ中で滞在場所が泊る施設で留まっていたら、憤ってしまいますよね。

だけれども、裁判になった時には「不貞行為」をしていなければ、密会であると決めつけられません。

密夫と家内が性交していた場合に、法律的な意味合いで不貞と判定されます。

裏を返せば、嫁さんが他の男とセックスしていないにもかかわらず、不貞だと言って怒ってしまうと、自分自身の方が都合悪くなってしまう。

嫁の不倫相手に制裁

嫁の密会相手に対して制裁措置として高い慰謝料徴発 をして仇討ちを行う方法。

慰謝料の平均的なプライスの2,000,000円よりも多い賠償金を請求する正当な方術を説明。

妻の不義が発覚したときは、猛然たる怒りの感傷と裏切られた感がなかなか消えないですよね。

嫁のスマホに、誰かと腕を組んでいる写メや、セルフショットのヌード写真などが保管されているのが分かってしまったとき。

カンパニーの出張 で外泊しているということなのに、夫婦の寝室に溜めていた避妊ピルのの数が少なくなっていた時。

奥さんが姦夫と体の交わりをしているところを想像してしまうと、どうしても脳裏から取り去ることができなくなって腹立たしさがおさまらなくなってしまう。

結婚の契約をした相手が不貞行為を行った場合、浮気相手に対して要償 可能な値段の平均的な価額は二百万円前後ですけれども、弁護者を通せば5000000円から10,000,000円の慰謝料をもらえることも有り得ます。

不倫相手の所得状況や、弁護者の談判によって補償金に差は出ますが、妻と密通をされて二百万円前後では足りな過ぎると思ってしまう方は多くおられるはずです。

姦通へ賠償金要求には、有力なエビデンスがないとできないので、代言人自身が探偵会社を営んでいる会社もあり、そこでは高い金額の慰謝料督責 を行った件数がたくさんあります。

合法的な方法で割高な慰謝料接収 をして、不貞相手へ報復したい方はこちらへ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ